サカツラガン   EN (絶滅危惧種1B類)
カモ目/カモ科  L87cm
冬鳥または旅鳥
湖沼、河川、湿地、河口、干潟等に飛来するが、1950年頃までは千葉県の新浜に数十から多いときには数百羽も定期的に
渡来していた。それが現在では稀に観察される貴重な種類になっています。

  
  
津山市の成鳥の群れ
  
  
津山市で撮影した成鳥です。
  
  
2013/02/21日の撮影  津山市内に飛来した14羽の群れ
  
  
1950年代以降は迷鳥として数羽が渡来する程度でしたが、2013年は15羽が確認される。
  
  
2012/12/29日 撮影
  
  
2013/02/21日 成鳥達
  
  
物怖じしない仲良しグループで近付いてきます。
  

  
マガンの群の中の若いサカツラガン                2012/12/29日の撮影
2012年12月宍道湖北岸に15羽の群れを確認、その内の1羽が群れを離れて斐伊川河口で越冬する。  
    
  
2012_12_29日 斐伊川河口付近にて撮影 若鳥にみえます。